banner

個人事業主でいる

会社設立をせずに個人事業主でいる

ビジネスを自分でやっていても、会社設立をせずに個人事業主のままの人も多くいます。会社設立の手続きは面倒ですし、会社設立をしてしまうと守らなければならない法律なども増えてしまうからです。別に会社設立をしなくとも、ビジネスで成功している人も多く、必要性がない場合も多いのです。特にビジネス規模が小さく、大した儲けがない場合には個人事業主でやっていた方が良い場合が多くなっています。法人化しても節税できる金額が小さく、メリットがあまりないからです。

ただし、ビジネス規模の拡大を目指して、金融機関からの融資などを目指す場合には、会社設立しておいた方が良いです。個人事業主では借りられる金額が知れているからです。また、顧客からの信頼性を得たい場合にも法人の方が有利な場合が多くなっています。つまり、資金的にもっと必要だと感じたり、大きく儲けたいと思うなら法人化すれば良いのです。また、例え、ビジネス規模にこだわらないとしても、人を雇ったり、社長になりたいなら、法人化しておく必要はあります。採用時には法人化しておかないとただの個人契約になってしまいますから、求職者に嫌がられてしまうことも多いからです。また、フリーランスなどの立場は社会的に弱いので、世間体を気にして法人化して社長になる人もいます。

どちらにしても、サラリーマンでいるよりは圧倒的に自由で儲かりやすいものです。大きな仕事は得られないですが、会社に取られていたマージンがなくなり、請け負った金額の全てを独占できるようになるからです。また、仕事の仕方や顧客の選別、理念なども全て自分の好きなように決められますし、就労時間なども決められるので、かなり自由度が高く働けるようになります。

会社設立をするか個人事業主になるかということよりも、脱サラができるということが一番大切なのです。あまり形態にはこだわらず、自立できるように考えることが先決です。独立できるめどが立ったら、すぐに行動に移してしまいましょう。ただし、法律は守らなければならないので、ビジネスに関係する法律だけは良く確認しておくことが大切です。法律違反をしていたのでは、後から問題になってしまうからです。ただ知らなかっただけで、悪質な意図はなかったとしても、結果的に法律違反をしてしまえば、顧客もいなくなってしまいますし、下手をしたら刑務所に入る羽目にもなってしまうので、絶対に法律のチェックはしなければならないものです。

Copyright(c) 2014 会社設立を円滑かつ低予算で実現するための情報All Rights Reserved.