banner

会社設立と電子申請

会社設立と電子申請について

株式会社などの設立は、会社を作ろうとする地域を管轄する法務局に必要書類を提出し、設立登記をすることで成立します。この手続きは法人登記と呼ばれ、会社設立のために定められた手順で一定の事項についてまとめられた書類を提出することが求められます。そのことにより国が管理する登記簿という帳簿に新しく一つの会社を追加登録することになります。この手続きのことを登記と言い、新しい情報を登録することを言います。法的にはこの手続きを以って会社を作るということになります。
この法人登記のためには非常に様々な種類の書類を用意しなければなりません。準備の大変な書類としては定款などいくつかの書類がありますし、手続きの中には登録免許税など様々なお金がかかるものもあります。そのため会社設立のためにはかなりの資金が必要となってしまうものなのですが、近年では電子媒体による電子申請をすることで会社設立の資金を安く抑えることができるようになっています。株式会社を作る場合には定款という会社の事業目的をまとめた書類を作成しなければならないのですが、通常はこの定款を紙で3部作ることになります。この定款は法務局に提出する前に公証役場で承認を受ける必要があるのですが、そこでは印紙税を支払って承認を受けることになります。この金額がそれなりに大きなものであるため、電子申請を考えるケースが増えているのです。電子媒体での提出の場合は印紙税がかからないため、会社を安く作ることができるのです。
会社設立をする場合には自分で手続きを行うことも勿論できますが、ノウハウを持っている専門家に任せるのも賢い方法です。個人で電子申請をするというのは実はそれなりに困難です。電子証明書の取得や専用のソフトウェアの購入や煩雑な事前準備をする必要があるのです。加えて電子申請の十分な知識を持っておく必要にも迫られます。その手間は非常に大きなものなので、全てが揃っている業者に任せるのが一つの正解であるということができます。このような手続きを得意としている業者には色々な種類がありますが、司法書士はその専門家の一つです。法律に基づいた手続きを得意とする専門家ですので会社設立に関するノウハウも豊富に持っており、将来的に問題の起きないような書類作りに大きく寄与してくれると考えられます。特に電子媒体での申請に関してはコスト削減できる範囲で委託することも出来ますので頼まない手はありません。

Copyright(c) 2014 会社設立を円滑かつ低予算で実現するための情報All Rights Reserved.