banner

事業年度を自由に決める

会社設立時に事業年度は自由に決められる

会社設立時に会社の事業年度はかなり自由に決められるようになっています。一般的には1月1日から12月31日までの1年とすることが多いですが、4月1日から3月31日にしたりすることも可能なのです。会社設立した会社の業種や仕事の都合により、区切りがつきやすい期間を設定するようにすると良いでしょう。例えば、学校などであれば、4月1日から3月31日にすると学生の出入りと一緒になりますから、管理しやすいことでしょう。

また、期間の長さも1年よりも短く設定することも可能になっています。例えば半年ごととすることも可能なのです。しかし、事業年度の期間を短く設定してしまうと、税務申告の周期が連動して短くなってしまいますから、税務申告や決算の手間がかかるというデメリットがあります。会社設立した会社が3ヶ月毎に大幅にビジネス内容に変化があったり、まめに決算して、常に旬のデータを管理したい場合にはあえて短くするのも手です。

会社設立したら業務が大変でしょうから、できるだけ事務処理は楽にしておくことをおすすめします。よって、1年単位にしておくことが無難です。仮にこまめに決算をしたかったとしても、自主的にやることも可能なので、あえて会計期間を短くしておくこともないことでしょう。よほど特別な事情がないのであれば、1年にしておけば問題はないのです。

会社設立した人の多くが顧客の獲得や売り上げの伸び悩みなどでも苦しみますが、これらは会社設立前に想定している場合が多くなっています。しかし、事務処理の面倒臭さや負担の大きさは、会社設立をして始めて実感する場合も多いので、簡単なことだと思わない方が賢明です。よく分かっていないなら、税理士などに相談して、決めるようにしましょう。

事業年度を重ねるごとに業績が良くなり、企業規模が大きくなっていくことが理想になります。現状維持でも問題はありませんが、縮小していってしまったら、倒産になってしまう可能性が高くなりますから、目標としては業務拡大を目指しましょう。ビジネスが順調に言っていれば、顧客の信頼を勝ち取り、顧客数も増えていきますから、それほど心配することはありません。経営努力を怠らず、常に業務改善を続けていけば良いのです。

事業年度をまたがる経費や前後に起こる売り上げや仕入れは、税務調査の対象にもなりますから、特に気をつけて、分かりやしすく、しっかりと会計処理するようにすることをおすすめします。

Copyright(c) 2014 会社設立を円滑かつ低予算で実現するための情報All Rights Reserved.