banner

会社設立に関連する法律

会社設立に関連する法律

会社設立をするためには、法律に基づいて手続きを進めることが必要となってきますが、その大本となるのが会社法です。過去には、会社の種類ごとに異なる法律が定められていたのですが、2006年に統合されて会社法として施行されるようになったのです。このときに会社の種類も整備されるようになりました。株式会社、合名会社、合資会社、合同会社の4種類をさして会社と呼ぶようになりました。

このときには有限会社は廃止され、そして合同会社が定められました。会社設立をするときには、まずどの種類の会社を設立するのかを決めなければなりません。なお、現在の日本における会社としては、これ以外に相互会社があります。相互会社は保険業法によって定められているものです。別に定められている理由は、営利目的ではないからです。

会社法がこのように改正されたのにはいくつかの目的があります。その一つが制度設計をシンプルにすることを可能にすることです。まず、合同会社の設立が新たに認められたのですが、これは自由度の高いものを作ることを目的とされています。内部規範を自由に設定できるようなものとなっているのです。例えば、一人だけで会社設立をする際に合同会社を用いれば、シンプルな制度設計を行うことができます。

株式会社は以前からあったもので、新たに会社設立の種類として用いられたものではありませんが、制度は大きく変わりました。改正前は資本金や規模に関する規制が色々あったのですが、これが大幅に寒川されたのです。これによって、例えば役員が一人しかいない株式会社を設立することもできるようになったのです。もちろんですが、大会社であれば取締役会、会計参与、監査役、監査役会など、様々な機関を設置することができます。

法人成りを考えている個人事業主や、新たに起業しようと思っている人にとっては、これらの規制緩和による影響は大きいと言えるでしょう。会社設立のハードルが低くなったと考えることができます。これが主な目的だとも考えられます。つまり、小規模な会社を設立して新たな産業を育成する土壌を作るというのがその狙いだと言えるでしょう。その結果、一人で会社設立をすることも可能になったのです。

会社法の改正に関しては、それを主に行ったの経済産業省で、経済を活性化することがその目的の一つだと考えられます。そして、それとともに財務省も関係しています。課税関係を透明化することも大きな目的の一つだと考えられるのです。

 

Copyright(c) 2014 会社設立を円滑かつ低予算で実現するための情報All Rights Reserved.