banner

電話番号の注意点

会社設立時に記載する電話番号の注意点

会社設立する際に登記申請をする場合、必ず電話番号を記載することになっています。
この電話番号は何かの時に連絡が付けば良いので、携帯電話でもかまいません。
しかし、会社設立をしたら必ず電話番号を取得するようにしましょう。
中には、一人で起業された方の中には、携帯電話のみが会社のホームページに載せてあるという方もいらっしゃいますが、あまりおすすめできません。
たとえ、日中外出することが多いとしても、会社設立した以上固定電話の番号は必須です。
逆の立場で考えてみると分かりやすいと思いますが、あるサービスを利用しようとした場合、もし同じようなサービスを提供している2社があったとします。その時の連絡先が、一方は固定電話の番号、一方は携帯電話の番号だとします。はたしてあなたがお客であったなら、どちらの会社を信頼できると思うでしょうか。
名刺交換をしたときに、携帯の番号のみしか載っていない会社であったら、どう思われるでしょうか。
「電話も引いていないなんて、大丈夫だろうか」と思われるのではないでしょうか。
これら2つのパターンを見て頂いたらお分かりの通り、固定電話を持っている会社の方がしっかりしている会社であると判断するのではないでしょうか。
つまり、会社設立をしたら、必ず固定電話が必要であると思ったほうが良いでしょう。
もし、一人で起業し、外出が多いのであれば、電話秘書サービスか、電話転送サービスの利用をおすすめします。
また、事務所を開業したばかりであれば、それほど頻繁に電話がなることがない為、家庭用の電話機でも不便を感じないかもしれませんが、オフィス用として電話回線を導入する以上、ビジネス用の電話機を利用する事をおすすめします。
事業が起動に乗って忙しくなった時に、電話機を変えることは面倒なものです。
家庭用の電話機では、通話中に他の着信があると、話し中という自体が起こってしまい、せっかくのビジネスチャンスを潰してしまう事になってしまいますし、もし相手先に、オフィスではなく実は自宅でやってるのでは」と思われてしまったら、信用も下がってしまいます。
それ以外にも、スタッフが増えた場合、同時に数本の通話が可能になっていないと、仕事になりません。
また、ビジネス用の電話機であれば、電話番号を複数持たせることも可能ですし、ホームページに載せる電話を専用の番号を取得していたら、着信時にホームページからの問い合わせであるとすぐに分かるなど、営業に役に立つでしょう。

Copyright(c) 2014 会社設立を円滑かつ低予算で実現するための情報All Rights Reserved.